人生がすごい虚無感に苛まれる原因と脱出法

虚無感とは、人生に意味や価値を見出せない時に感じる「虚しさ」のような感情です。

私はずっと、心の底にべったりと張り付いたような虚無感を抱えていました。

虚無感を感じること自体は悪いことだとは思いませんが、虚無感は時に「人生に対する意欲」を失わせます。

何かをやらなければいけないのに、

  • やる気が出ない
  • 何もかもがめんどくさい
  • 生きているだけでしんどい

生きてる意味あるのかな

そんな気持ちでいっぱいになり、生きることが辛くなりました。

こっこ
なぜ、みんな楽しそうに生きているのだろう?
なぜ、そんなに頑張れるのだろう?

しかし、ある時自分の中で腑に落ちる答えを見つけました。

今回は、虚無感に苛まれる原因と解決法について、私なりの考察をお伝えします。

虚無感に苛まれる原因

虚無感を感じる原因は複数あると思いますが、今回お伝えするのは、諸行無常的な虚無感についてです。

諸行無常

私が幼少期からずっと感じていたのは、諸行無常です。

  • 大切な人も、いつかは死んでしまう。
  • 楽しい日々も、いつかは終わってしまう。
  • 自分の人生も、いつかは終わってしまう。

私はいつも、頭の中で時間軸をずらして「こうなったら、こうなる」という映像を見ていました。

それは映画のように、必ずENDを迎えます。

その想像は、人生に虚しさを感じさせ、私は刹那的な生き方を望むようになりました。

こっこ
どうすればもっと今を味わえるのだろう。
今生きていることを、もっと確かに感じたい。

そんな焦燥感によって、いつも心が不安でした。

直線的な時間概念

そのような時間の捉え方を、私は音楽的だと思います。

0:00からスタートし、3:45ぐらいで終わります。

始めIーーーーーーーーーーーーーーーI終わり

スタートを始めとして、必ず終わりがある、直線的な時間の捉え方です。

私は、この時間概念が虚無感を感じる原因だと思いました。

  • 1日は24時間
  • 1年は365日
  • 残りの寿命はあと何十年

直線的な時間の上に存在する限り、

  • 終わり

にたどり着くのです。

こっこ
どうせ無になるのだから、手に入れても仕方ないよね。

そんな気持ちが常にありました。

どんなに楽しもうとしても、努力しようとしても、心の底にある虚無感がふっと頭をもたげた瞬間に、人生が味のなくなったガムみたいに感じられるのです。

豊かさとは

虚無の対義語はなんでしょう?

パッと思いつくのは、

  • 実存
  • 充実
  • 豊饒

など、実りや豊かさを感じさせるものです。

では、人生の豊かさとはなんでしょう?

私は、記憶の豊かさだと思っています。

つまり、感動や体験です。

過去は無じゃない

私はある日、過ぎ去った過去は無ではないと気づきました。

音楽を聴いていた時、ふと過去の記憶が蘇り、その時の情景を追体験するように思い出したからです。

  • 中国で教えてもらったCPOP
  • タイで聴いたタイミュージック
  • 失恋した時に聴いていた失恋ソング

それらを聴くと、メロディーと一緒に当時の記憶や感情まで鮮明に感じられました。

過去が今、有る。

そう感じました。

思い出している時の心の状態は、体験とほとんど同じです。

感じること・認識することは、人間にとってのリアリティ。

記憶があるのは、心が動いたからです。

 

豊かさとは、

心が動いた記憶をたくさん持っていること

だと思います。

直線から円環に

人の記憶は感動と結びつきやすいため、

四季を感じたり、音楽を聴いたり、印象に残るような出来事は思い出しやすくなります。

今と同時に、過去も未来もある。

そのような時間概念を獲得してからは、虚無感に苛まれることがなくなりました。

時間の流れ方を直線ではなく、円環として認識するのです。

螺旋状でありながら、上も下もない∞のような形状のイメージです

まとめ

時間の捉え方を変えたら、虚無感を感じにくくなったという話です。

他にも虚無感を感じる原因として考えられるのが、自己肯定感の低さです。

虚無感に苛まれる過程には、

  • 失望
  • 諦め
  • 自己否定

などがあったと思います。

それらはセルフイメージを書き換えることによって改善できます。

今度、自己肯定感についても書きたいと思います。

関連書籍