「エンドレスポエトリー」アレハンドロ・ホドロフスキー

「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」などでカルト的人気を誇るアレハンドロ・ホドロフスキー監督による自伝的作品「リアリティのダンス」の続編。故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住したホドロフスキー一家。さまざまな悩みや葛藤を抱えたアレハンドロ青年は、後に世界的な詩人となるエンリケ・リンやニカノール・パラら、若きアーティストとの出会いにより、自分が囚われていた現実から解放される。前作に引き続き、ホドロフスキー監督の長男ブロンティス・ホドロフスキーがホドロフスキー監督の父親役を、青年となったホドロフスキー監督役を、末の息子であるアダン・ホドロフスキーが演じる。撮影は、本作がホドロフスキー作品初参加となるクリストファー・ドイル。

あらすじ

物語は、ホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から、ついに解放される。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャ・ディアスとの会遇によって、アレハンドロの詩的運命は、新たな未知の世界へと紐解かれていく。

生きることへの招待とも言うべき作品

こちらも早稲田松竹で観ることができました。
ホドロフスキー監督の最新作で、リアリティのダンスの続編です。
幼少期を経て青年になった監督の物語が同じ場所で再現されています。
ですが、再現という通り、たまに現在の監督が出現し自らを振り返り、語りかけます。
特に心に残った言葉が、
「自分自身を生きることは罪ではない」
「誰かのために自分を偽ることの方が罪なんだ」
という言葉です。
色んな人の期待や理想を裏切ってでも本当の自分自身を生きることの難しさと大切さを教えてくれます。
そしてそれは生きることそのものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です