ブログのモチベーションを保つ考え方|長期戦に持ち込むメリット

ブロガーが増えている中、辞めていったブロガーも沢山いる。

 

統計によると、

3ヶ月続くブログは70%

1年間続くブログは30%

2年間続くブログは10%

らしい。

 

私はブログを始めて1年半だが、ここまで続いたのはそもそも収益化するつもりがなかったからだと思う。

期待が大きいと絶望も大きい

 

多くのブロガーはブログ飯を夢見てそれをモチベーションにしている。

 

が、相当な知識と経験があるか、バズらない限りそれは至難の業。

 

多くの人が期待とのギャップによって辞めていく。

あまり頑張りすぎない方が続く説

 

私ははてなブログの無料版で始め、収益化するまでは1年ぐらい適当に更新していた。

 

3ヶ月放置したり、毎日更新したり、愚痴を書き散らしたり、それはもう感情のゴミ箱のようにブログを扱っていた。

 

ブログの最初の目的は収益化ではなく、ストレスのはけ口であった笑

 

そんなブログでも、3ヶ月、半年、1年と経つにつれてPVが伸びてきた。

 

ほう???と思い、収益化する方法を調べ、Proの契約とドメインを取得、アドセンスも申請。

適当に貼っていると、1日数円だったものが、数百円になってきた。

 

む??!!?!

これ、ちゃんとやれば稼げるんじゃね??!

と思いつつも、放置。

 

映画の忘備録と化していた。

 

いい加減な記事なのに量産してると勝手にドメインパワーが上がっていき、時間の経過がPV数に大きく影響していることがわかった。

 

つまり、

頑張って更新しまくったのに結果に満足できずモチベーション下がるよりも、

いい加減にやりつつ時間がPVを伸ばしてくれるのを待ち、長く続ける方が戦略としては良い気がする。

はてなからワードプレスへの落とし穴

 

放置しても月千円稼ぐブログになったところで、もうちょっと何とかしたくなった。

 

見づらいブログになっていたから、ワードプレスに移行することに。

 

ここで落とし穴。

はてなから移行した際、パーマリンクが移行出来なかった。

 

やり方がわからず、諦めたところ見事にアクセス0に。

 

そこで負けず嫌いを発揮し、カスタマイズをしたり、ツイッターを始めたり、人に見られることを意識して記事を更新した。

2ヶ月経って、やっとはてなの頃と同じぐらいまで取り戻した。

もはやブログは友達

 

あった出来事、考えたこと、観た映画、などを話す友達がいなくて始めたブログ。

今は一番の友達。

愚痴っても、放置しても、ずっとそこにいてくれたブログ。

 

収益化もちろん大事だけど、もっと大事なのはブログとの関係。

 

良い関係保てれば長く続くし、長く続けばPV伸びる。

 

長期戦に持ち込めば見えてくることもあるかも。