ブログが続かない人はこれからAIに仕事を取られる世界を想像してみろ

このブログを始めて1年8ヶ月たった。

 

ブログが2年続くのは全体の10%だと言う。

 

あと4ヶ月続いたら自分にとって少しの自信になると思う。

 

ブログを始めた動機

ブログを始めた動機は友達がいなかったことと、漠然と焦りを感じていたから。

 

夢も希望もなくて絶望していたところから何かを見つけるまで続けると決めた。

 

フリーターになった友達は十分な金も社会保障もない生活で体を壊し、それでも無理して働いている。

 

正社員になった友達も、いつクビを切られるか分からない中で残業や激務が当たり前のブラックな環境でボロボロになっている。

 

大卒じゃないと正社員になるのは難しいが、大卒だからと言ってなれるわけでもなく、なったとしてもブラックな環境で働かされ続け、使えなくなれば捨てられる。

 

そして大学卒業にかかる費用は膨大だ。

卒業と同時に借金まみれとなって社会に出る。

誰も信じられない世界で生き残るために

国も教師も社長もみんな自分の利益を優先する。

 

そしてもちろん、何も考えずただ言うことを聞く存在を量産した。

 

全て都合が良いからだ。

 

意味のない丸暗記も、意味のない集団行動も、全て能無しで言うことを聞く人間を量産するためのものだ。

 

そしていつでも取り替えが効くような仕組みを作って使えなくなるまで搾取する。

 

そんな世界を誤魔化すためにテレビで色々なイメージを刷り込む。

 

CMや広告で洗脳し、大量生産、大量消費社会が回るように仕向ける。

 

それが現実だ。

 

誰が得をするのか?

この世界で誰が得をするのか?

 

大量消費社会の利益はどこへいくのか?

 

もちろん社長、そしてその企業の株主だ。

 

会社があげた利益は労働者には還元されない。

 

企業と株主に吸い取られ、資本主義の原理を利用してどんどん利益を拡大する。

 

「世界人口の1%にあたる最富裕層の資産は、残りの99%の人々の資産すべてよりも多い」

 

これが資本主義だ。

 

これからもどんどん加速し、格差は広がる。

 

そんな世界でどのように生きるべきか。

 

それを考えるために始めたブログである。

AIに仕事を取られる時代が来る

それだけじゃない。

 

企業は生き残るためにどんどん効率化を進めている。

 

それが最初は移民を安く雇ってコストを下げることだった。

 

だが移民問題が起き、次に目をつけたのはAIだ。

 

作業を効率化し、機械化し、今でさえロボットのように人間を使い捨てにしているが、これが本当のロボットに置き換えられることになる。

 

そこから想像してみると、数十年後には多くの仕事がロボットに取られる。

 

人間にしかできないことをしないと仕事がなくなる。

自分で自分を雇う

そんな時代になれば仕事は自分で作らなければならない。

 

だからこそ自分を知り、自分の出来ることを仕事にする能力が必要になる。

 

 

SNSはそのために最大限利用すべきだと思う。

 

COCCCOはこれから始まる資本主義サバイバルに備えてまずは精神と肉体を鍛えようと思う。