精神的に疲れた時に試して欲しいこと

肉体的にはそんなに疲れていないはずなのに、どっと疲れを感じる時ってありますよね。

それって何でなのでしょう?

そんなことを考えて過ごしていた時期がありました。

疲れは憑かれ

精神的な疲れとは何でしょう?

疲れた=憑かれたです。

普通に考えれば、気を使ったり、緊張したり、落ち込んだり、という感情によるものだと思いますが、要はマイナスのエネルギーを取り込んでしまった時に疲れたと感じます。

満員電車や、人混みはそんなマイナスエネルギーで満ちています。

現代では精神的に疲れている人が増えていると感じますが、精神的な疲れを取る方法はあまり教えてもらえないですよね。

今日は、色々と試行錯誤して分かったことや、精神的な疲れを癒す方法を紹介します。

塩風呂に入る

これがかなり効果的です。

浄化をするエネルギーは基本的に火と水です。

お風呂はその両方を備え、さらに塩を入れることによって浄化の力が強まります。

雰囲気の悪い場所に行った時、疲れた時は必ず塩風呂に入ります。

水を持ち込んで水分補給しながら汗を流すとより効果的です。

お風呂を上がった頃にはかなりスッキリして体が軽くなります。

お香を焚く

こちらは香りを使った浄化です。

まず部屋を換気してからお香を焚くとその場の空気が浄化されます。

疲れを感じた時や、マイナスの気持ちになった時に焚くようにしています。

音楽をかける

音も波動なので、その場の空気を振動させることによって気を変えてくれます。

明るい曲や、ゆったりした曲をかけると気分も変わります。

掃除をする

これは最も基本的でありながら、最も効果的です。

水拭きをするだけでも邪気を落とすことができます。

日頃から部屋の物を減らすと、気の流れも良くなり掃除もしやすくなります。

マイナスエネルギーを遮断する

マイナスエネルギーを受け続けていたらいくら浄化しても追いつきません。

続いては、なるべくマイナスのエネルギーを受けないようにする方法を紹介します。

見ざる言わざる聞かざる

何より大事なのはマイナスなものを見ない、言わない、聞かないことです。

人の愚痴やネガティブなニュース、苦手な人、嫌な場所には近づかないことです。

意識的に遮断するようにし、楽しい気持ち、好きなことにフォーカスしましょう。

十分な睡眠をとる

睡眠不足だとどうしてもマイナスなエネルギーに引っ張られてしまいます。

疲れを感じたらとにかく休み、十分な睡眠を取りましょう。

人混みに行く時は防御を固める

私は人混みに出る時はマスクやイヤホン、夏はサングラスなどで周りの情報を遮断します。

マイナスエネルギーを感じる場所や人と会った時はお腹に力を入れて気を張ります。

良くないものは弾くようなイメージを持つと分かりやすいです。

自分の気持ちを明るく保つ

結局、自分の陽気が強ければマイナスなものは弾かれます。

なので常に明るい気持ちを保つこと、感謝の気持ちを持つこと、楽しいことを考えることが大切です。

悩み事がある時は感情ではなく、解決法を理屈で考えるのがオススメです。

疲れを感じたら積極的に休み、浄化しちゃいましょう。

2 Comments

あじぽん

なんかスピリチュアルなんて言ってるけど、どれも普通に科学的に精神に優しいやつだな。

なんつうか、結局やること一緒だな。

疲れた=憑かれたのフレーズ素敵だと思いました。

こっこ

そうですね(`・ω・´)

疲れは憑かれってホントだなあ、って思いました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。