断捨離をすると好転反応が起こる?頭痛・吐き気・イライラ

最近断捨離と掃除を徹底的にやっていました。

そこで思ったことは「部屋と体は繋がっている」ということです。

断捨離で好転反応が起こる?

スピリチュアルっぽくて嫌なのですが、断捨離をすると好転反応が起こると言います。

綺麗になったのだから、良いことが起こるだろうと思いますよね、普通。

なのに、断捨離すればするほど体調を崩し、悪いことが起きたり、友達と縁が切れたりしました。

体調に関しては、

最初は頭痛と吐き気、眠気が続きました。

そして終盤にはものすごい怠さと、イライラ、お腹を壊しました。

これは調べると結構あるあるらしいです。

その他、肌荒れ、風邪、などになる人も多いようです。

今まで溜め込んでいたものを吐き出すように、体もデトックスする必要が出てきます。

なので、あまり急激にやると体が付いてこれなくなって体調を崩してしまいます。

それでも断捨離は勢いでやりたかったので、私は毎日お風呂の中に粗塩を入れて長風呂していました。

ゆっくりと、過去の執着や悲しみを吐き出すようなイメージでお風呂に浸かります。

本当は体調を崩したら少しペースダウンした方が良いかもですね。

断捨離は思ったより疲れる

ただの掃除かと思いきや、断舎離ってめちゃくちゃ疲れます。

なぜかと言うと、掃除で体力を使っているのもあるのですが、物を捨てるかどうか決断をしなければならないからです。

その決断の根拠は自己イメージにあります。

 

物理的に、掃除屋に頼んで物を全て捨てるんだったら一瞬で終わると思いますが、断捨離の本質は自分と向き合うことにあるので、本当に断捨離をすると多くの葛藤が起こります。

 

物を手放せないのは、過去の思い出や執着があるからです。

本なども、これがなくなったら自分の知識がなくなるような気がしたり…

その不安や過去の執着を手放す心理的なワークが断捨離には含まれています。

なので精神的にもめちゃくちゃ疲れます。

変わり目は不安定

天気でも、季節の変わり目は不安定になりますよね。

それは人も同じで、全ての物には波長があると言われていますが、それは自分に合っていると心地よく感じられます。

場所や人でも、なんとなく心地よい場所や人がいる反面、なんとなく居心地が悪いなと感じることもあります。

それは自分と波長が合うか合わないかで決まります。

なので、物も自分に合ったものを無意識に選んでいます。

 

ところが波長の変わり目にはその波長が変化しますから、今まで合ってたものが急に合わなくなります。

突然物が壊れまくったり、お気に入りだったものが嫌になったり。

新しい気と、古く馴染んだ気が入り乱れます。

なのでイライラするし、疲れます。

 

けど壊れたものを買い替えたりしているうちに、だんだんと新しい方にシフトしていきます。

この過去と今を行ったり来たりする時期が一番辛いので、私は一気に一新しようとして体調を崩しましたがww

風水も取り入れると楽しい

私は風水など興味なかったのですが、断捨離をしていると興味が出る人が多いみたいです。

なぜかと言うと、「気」のようなものを感じてしまうから。

今までは「気」なんて知るか。って感じで生きていましたが、掃除をした後って空気がクリアになるのが嫌でも実感として感じてしまうんですよね。

壁を全部拭き上げたり、窓を掃除したりした後って、明らかにその場の「気」が良くなってるのがわかりました。

だから、どんなに理屈で説明されても「風水なんて知らねーよ」と思っていた人が一瞬で腑に落ちてしまうのだと思います。

それからは風水を取り入れつつ、部屋のレイアウトを決めました。

まとめ

スピっててキモいな、と自分でも思いつつ「確かにあるよな」と思ってしまいました。

断捨離がしたくてしょうがない時は神がかってます。

どんだけ掃除しても疲れないというか、疲れるけどやってしまう。

そんな時は人生の変わり目なんだと思います。

思い切って一新しちゃいましょう。

潜在意識と部屋が繋がっていることに気づくと、世界の見え方が変わります。

最近「成功者はなぜ神社に行くか」みたいな本が流行っていますが、個人的にはそういうのあると思います。

掃除をして綺麗な部屋を保つようになると「気」に敏感になります。

この感覚が大事なんだと個人的には思っています。

2 Comments

まりん

掃除苦手〜
綺麗にしなきゃと毎日思ってる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。