【嫌われてる気がする】相手の態度やサインで見抜く方法

こっこ

なんか、嫌われてる?

そう感じる時ってありますよね。

私は結構KYなので嫌われてるかどうかも分からなくて困ることがあります。

そこで今日は人が嫌いな人に対して取る態度や、嫌われてしまった時の対処法を紹介したいと思います。

嫌いな人に取る態度

人が、嫌いな人に対して取る態度について挙げてみます。

いくつか当てはまったら嫌われているかも知れません。

 

目を合わせない

そもそも目が合わないというやつです。

普通挨拶する時は、目が合ってからしますよね。

目が合ってから逸らすのは気まずいので最初から合わせないという作戦です。

 

会話を続けない

タバコを吸っていると喫煙所で話をすることが多いのですが、話が盛り上がると何本も火を付けてしまうことがあります。

もう吸い終わったのにまた火をつけると、この人はまだ会話したいんだなと思って話しやすくなります。

逆に嫌いな人に対してはそそくさと火を消していなくなってしまいます。

 

態度が素っ気ない

普通、会話はキャッチボールなのでキャッチしたら質問などをして投げ返します。

が、嫌いな人に対しては「ふーん」「へぇ」みたいにボールをキャッチすらしてくれません。

 

SNSで繋がらない

普通、仲良くなりたいと思ったら第一歩としてSNSを交換します。

でも面倒くさいな、関わりたくないな、と思う人にはSNSを教えてくれません。

 

誘いを断る

誘いを毎回断られたら嫌われているかも。

LINEを毎回スタンプだけで返してきたりするのも怪しいです。

一般的に嫌われる地雷は踏まないようにする

とは言え、人に嫌われるのはめちゃくちゃ傷つきます。

なるべくなら嫌われたくないですよね。

まず、一般的に人に嫌われる言動はなるべくしないよう心がけてみます。

 

自分の話ばかり

自分の話って、聞いていて面白い話以外はみんな興味ありません。

ノロケ話、自慢話などは特に地雷です。

人は感情のゴミ箱ではないので、オチのない話や「で?」ってなる話は毎回だと嫌われる可能性が高いです。

 

口が軽すぎる

聞いた話をすぐに他の人に話してしまう人は信用されず、影でスピーカーと呼ばれてしまいます。

ここだけの話を共有することが楽しいのに、スピーカーになってしまっては一緒に秘密を共有して楽しむことが出来ません。

 

disってくる

楽しく話したいのに、何でも批判、悪口を言ってくる人は嫌われがちです。

皮肉や、可笑しさがあればその場が盛り上がりますが、そこに笑いがなければただの悪口になってしまいます。

悪口、不平不満は多くの人に嫌われるので要注意です。

 

謎の上から目線

何か話を振った途端、「それはさ〜」みたいに説いてくる人は嫌われがちです。

お前の意見の正当性は知らんわ!と思われてしまいます。

人が会話に求めるのは、意外な意見や、斬新なアイデア、笑い、共感です。

楽しいことを共有できると心の距離がぐっと近づきます。

嫌われないために心がけること

多くの人は、好きな人、興味ない人、嫌いな人に分かれます。

ですがそのうちの殆どは「興味ない人」です。

逆に嫌われるのって少数派なので相当なウザさがなければ嫌われることもないでしょう。

なるべく好き〜興味ないゾーンに入っていると人との軋轢を生まず、生きやすくなります。

 

相手の気持ちを考える

人はそれぞれ価値観を持っているので、相手を見て、その人の気持ちを想像します。

少しの想像力さえあれば、多くの人から嫌われることはないでしょう。

 

承認欲求を抑える

気づかないうちに賞賛や承認を求める人は結構います。

あまりにもそれが強いと相手を疲れさせてしまいます。

SNSのストーリーとか見ると疲れますよね。

むしろ相手にいいね!するスタンスを心がけましょう。

 

相手に興味を持つ

相当興味が湧かない人に対しては仕方ないですが、普通に会う人には興味を持って色々聞いてみましょう。

意外な一面を発見したり、共感したりすることがあると仲良くなれます。

 

誠実である

約束や時間を守れない人は、よほどの魅力がない限り嫌われてしまいます。

誰に対しても誠実であれば、どの集団に属していても評価が高まり嫌われづらくなります。

全員に好かれなくていい

ここまで話しておいて難ですが、結論を言うと、全員に好かれなくても良いと思います。

どんなに良い人でもある一定の界隈からは嫌われています。

この世は似た者同士が集まるようにできています。

 

なので、まずは自分のスタンスを取り、その価値観に寄って人間関係を築いていきましょう。

誰にでも好かれたいと思い、誰かに嫌われるたびに傷つく人は、自分のスタンスが取れてない可能性があります。

私も昔はそうで、生きるのがかなりしんどかったです。

なので、まず自分のスタンスを取る

スタンスとは自分の立場表明です。

私はこういう価値観に基づいて生きているという感覚です。

そして、そのスタンスを取る上で大切な人は大切にし、その他の人には嫌われても構わないというぐらいで丁度いいと思います。