掃除で人生が変わる?その意味を解説

掃除で人生が変わると言われますが、掃除なんかで人生が変わったらみんなやってるよ!と思いますよね。

私も全く信じていなかったのですが、最近ふと思うことがあります。

掃除をしたら人生が変わる

それはそうなのですが、実際はその内容に多くのプロセスがあります。

今日は「掃除をしたら人生が変わる」の中身を説明したいと思います。

気に敏感になる

まず、掃除をすると明らかにその場の空気が綺麗になります。

これは風水などで言う「気」のことです。

例えば、壁紙を水拭きした後、色は変わっていないのに部屋が明るく見えました。

それを体感した時に、この世界には「気」というものがあるということを知りました。

それからは外に出ても「気」を意識するようになりました。

気の悪い場所にいると何だか嫌な感じがしてきて、そういう場所には近づかないようになります。

「気」は分かりやすく言うと雰囲気なのですが、それに敏感になることで良くない雰囲気を察知して避けることが出来るようになりました。

自分のことを大切に思えるようになった

掃除をするようになってからは、服や持ち物などにも気を使うようになりました。

お気に入りのものだけを残して断捨離し、丁寧に手入れをして使うようになりました。

部屋も常に掃除をして、手間暇をかけているという意識があります。

おそらく、この意識が重要で、無意識の中で「自分はこんなに大切な物や部屋に囲まれている」と思うと、自分のことが前よりも好きになりました。

それからは自分のことも大切に扱うようになり、ストレスがかかることや、嫌なことを断れるようになりました。

こんなことをしたら自分が可哀想、と思えるようになったからです。

そして食生活にも気を使うようになり、体に負担のかかるものは自分を痛めつけることなので、しなくなりました。

人付き合いが変わる

そして人付き合いにも変化があります。

嫌なことに嫌と言えるようになり、付き合う人を選ぶようになりました。

嫌な気分にさせる人とは付き合わなくても良いのだと気づいたからです。

好きなもの、好きなこと、好きな人にフォーカスしていると、不思議とそんな人たちに囲まれるようになります。

人間関係は本当にシンプルで、好きな人のことを好きだなあと思っていれば良いのです。

逆に、好きじゃない人のことは何も考えないことです。

好きの反対は無関心なので、無関心でいれば自然と離れていきます。

全ての変化は掃除から始まった

人間関係から食生活まで、あらゆる生活が変化しました。

でも元を辿れば掃除から始まったのだと思います。

掃除をしたことで「気」の存在に気付き、敏感になったことによって目に見えないエネルギーの影響をコントロールすることが出来るようになりました。

常に良い気の場所で過ごすことで、それが普通になります。

なので、気の悪い場所や人を見た時に、それは異常な感じとして感じられます。

無意識の影響はとても大きいので、そこまで浸透するぐらい自分の周りの気を良くすることが大切です。

となれば、常に過ごす自分の家の気を良くする掃除がとても重要なことだと分かります。

2 Comments

あじぽん

運気をたかめたければトイレ掃除と耳タコだけどやったことない

こっこ

トイレと玄関掃除撤退したら運気あがりました(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。