痩せている人の生活習慣を全て教える|ダイエットより食事と運動

私は子供の頃からずっと細いと言われ続け、太ったことがなく、ダイエットとは無縁の生活をしています。

身長161㎝、体重43kgが普通の時です。

今は39kgになってしまったのでジム通いをしています…

でも、それは体質もあるにせよ、無意識のうちに定着している生活習慣によるものだと思います。

今日はそんな私の生活習慣について紹介したいと思います。

食事編

まず、痩せるよりも健康的な生活を目指す方がいいと思います。

根本的に健康的であることは最も大切です。

どんなに痩せても不健康では人生が楽しめないからです。

そして、不健康な生活は痩せずらい体質を作りがちだとも思います。

 

栄養が摂れるかで決める

私が食べ物にこだわる部分は栄養が摂れるかどうか?」という点です。

ラーメンやパンなどは野菜や肉などが摂れないので、カレーや豚汁など、一発でたくさん栄養が採れる食べ物を好みます。

※朝はパンとコーヒーです

具沢山の汁物は特に好きです。

野菜も茹でた方が量が減ってたくさん食べれるからです。

 

焼肉に行った時は部位を限定する

私は焼肉も好きです。

ですが、食べる部位が偏ってます。

ハツ、カシラ、タン、サガリなど脂身の少ないものしか食べません。

カルビなど脂身の多いものは食べると気持ち悪くなってしまいます。

これは体質だと思います。

焼肉ではいつもご飯も一緒に食べます。

 

飲み物は基本水かフルーツジュース

家には基本水か牛乳かフルーツジュースしかありません。

水を沸かしてコーヒー、ココア、紅茶を飲むのがほとんど。

※ココアはココアパウダーだけのもので作り、三温糖を入れます

あとは常温の水を常に飲んでいます。

冷たい飲み物は果汁率の高いフルーツジュースだけです。

外食した時だけコーラやお酒を飲みます。

 

お菓子は間食にする

お菓子なども食べますが、ご飯とは別に間食として食べます。

食後はお腹いっぱいでお菓子を食べる気にならないので、ポテチなどが食べたくなったらその食欲を栄養が採れる食事に置き換えます。

白砂糖や乳化剤などの害について調べると食べる気が失せるのでオススメです。

※基本白砂糖は摂取しません

甘いものはなるべく要冷蔵のケーキなどを食べるようにしています。

ポテチなどよりもお煎餅を好みます。

これも太らないためと言うよりは、健康のためです。

 

食後にコーヒーを飲む

これも普通に好きで飲んでいましたが、調べてみるとカフェインを食後に摂ると痩せるということがわかっているようです。

カフェインに含まれる「リパーゼ」には消化酵素を活発にさせる働きがあり、

また、「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種も含んでおり、クロロゲン酸は脂肪の分解を促す作用があります。

生活編

生活の中でも無意識に人と違うことがあります。

生活習慣は一度取り入れてしまえば定着するので、自然と痩せる体質になると思います。

 

体温が異常に高い

これは子供の頃からで、私の平熱は36.8℃ぐらいです。

37℃も普通です。

いろんな人に体熱っ!と言われます。

とにかく体温が高いと免疫力も高まるので風邪をひかないし、代謝が高いことは最も重要だと思います。

 

寒いのが嫌い

なので、私は寒いのが大の苦手です。

誰よりも厚着をし、暖かい食べ物が好きで、夏でも暖かい飲み物を飲み、お風呂が大好きで、運動も好きです。

とにかく体温が上がることが好きです。

夏以外はスカートを履きませんし、家でもレッグウォーマーを付けています。

とにかく体を温める。

 

運動は楽しいと思っている

運動も好きで、ジムに週4ぐらい通っています。

ジムと言っても、マシーンのような走ったり筋トレをしたりするものではなく、楽しく動けるものです。

自由参加のプログラムで、ヨガ、ヒップホップ、キックボクシングなどをやっています。

音楽に合わせて体を動かすのは楽しみながら自然に運動できるのでオススメです。

ジムなど、インストラクターがいる方が続きやすいと思います。

まとめ

痩せる上で一番大切なのは基礎代謝だと思います。

とにかく代謝が良いです。

そのためには体温を上げる生活習慣を意識すること。

暖かい飲み物と常温の水を常に摂取です。

食事制限はせず、「健康的か」という視点で食べ物を選びましょう。

それだけで痩せる体質になると思います。