連絡先を断捨離するメリット|ミニマリストの友好関係

今の時代、開くのは電話帳ではなくLINEですよね。

 

LINEだと昔より気軽な感じで聞かれるし、グループから勝手に連絡してくる人もいます。

 

そんなプライベート無法地帯の現代で、自分の大切な時間を守るためにLINEの連絡先を断捨離してみたのでそのやり方と効果を紹介します。

 

まずはあまり連絡を取っていない人を非表示にする

いきなり削除するのではなく、まずあまり連絡を取っていない人を非表示にします。

 

常に友達欄にあると、開くたびに一瞬でもその人のことを思い浮かべてしまいます。

 

この、思い浮かべるだけの行為がけっこう厄介です。

 

意外と思い浮かべるだけでも人はエネルギーを使っているからです。

 

意識がそっち(過去)に向かってしまいます。

 

せっかく新しい環境で新しい自分になろうとしても、定期的に意識が過去に向かうと、過去の自分のイメージに引っ張られてしまいます。

 

なのであまり自分の人生に関係がないな、と思う人は積極的に非表示にしていきましょう。

定期的に非表示から削除へ

昔のバイト先の人や、今後の人生でもう連絡を取ることはないような人はさらに非表示から削除しましょう。

 

オススメなのは、非表示にしてから3ヶ月など期限を決めて、その期間に用のなかった人は消すようにしていくと良いです。

 

消さなくても良いじゃんと言う人もいますが、大事なのは人間関係を意識し、自分で選んでいくと言う行為です。

 

物の断捨離でも同じですが、意識することによって自分の人間関係を見直し、次から付き合う人を吟味するようになります。

 

しっかり選んで付き合うので、人間関係のストレスが減り、人生がいい方に向かっていきます。

しつこく連絡してくるやつはブロック

既読無視しても連絡してくるような人は躊躇なくブロックしましょう。

 

ブロックしてから削除すると永遠にサヨナラできます。

習慣にすることで優先順位が付けられるようになる

連絡先整理を習慣にすると、その人が自分にとって大切か、そうでもないのか、という基準が明確になってきます。

 

非表示にした人からLINEが来て飲みに誘われたとしても、非表示の人だったら断ろう、とすぐに決断できるようになります。

今この瞬間に集中できる

昔の友達を見ると無意識に思い出してしまいます。

 

けどそれを目の前から消すことでいちいち昔の思い出に浸ることがなくなります。

というか忘れます。

 

なので今この瞬間大切な人、大切なことにフォーカス出来るようになるのです。

時間に対する認識が甘いやつはブロックしよう

通話料がタダだからって、用もないのにスタンプを送ったり電話をしてくる人がいますよね。

 

そういう人は無視しましょう。

 

昔の感覚では無視するのは失礼でしたが、今の時代は簡単に人がプライベートに踏み込みやすくなっています。

 

なので意識的にブロックしていかないと大切な時間を無駄にしてしまいます。

 

どんなに便利になっても時間は有限です

 

今大切な人を大切にしましょう。