何もかも捨ててしまい時は自分を変える絶好のチャンス

人生ではもう何もかも捨ててしまいたいと思うことがある。

 

この衝動はものすごいエネルギーだ。

 

思うがままに捨ててしまえばいいと思う。

 

限界値まで達したことによる爆発

 

そのエネルギーは凄まじい。

 

人間の感情は火山活動のように蓄積し、限界値まで達すると一気に吹き出てくる。

 

何もかも捨てたい!という衝動は何かが限界値を超えたということだ。

 

ゲームで言えばフィーバーしている時。

 

そのフラストレーションをエネルギーに換えて何かやらかしてしまえばいい。

 

普段はできないことが出来る。

人生も同じ

 

気の向かない集まり、つまらない事、イライラさせるもの全て、ぶっ壊してしまえばいい。

 

人生は破壊と創造。

両方が同じエネルギー。

 

捨ててしまいたいと思えるのは今すごく強いエネルギーを持て余しているから。

 

そしてそれが現実を変える

 

イラついてるなら絶好のチャンス。

 

どんどん捨てて身軽になろう。

 

空いた場所に新しいものが入ってくる

 

空いた空間、時間には自然と新しいものが入くる。

 

余計なものを捨てたことによってノイズが少なくなり、自分の心に集中できる。

 

静寂の中で自分の内面を見つめると、少しずつ小さな声が聞こえてくる。

 

忘れてたこと、気になっていたこと、やってみたいことに少しずつ気づいていく。

 

そして何かがパーンと弾けて、しっくりくる時が来る。

 

その音が聞こえたらこっちのもの。

 

一心不乱に突き進めばいい。