「レディ・プレイヤー1」3Dで観る新感覚な映画

レディ・プレイヤー1』は、2018年にアメリカ合衆国で公開されたSF映画である。監督はスティーヴン・スピルバーグ、主演はタイ・シェリダンとオリヴィア・クックが務めた。本作はアーネスト・クラインが2011年に発表した小説『ゲームウォーズ』を原作としている。日本では『レディプレ』とも表記される。

あらすじ

いまから27年後の世界。

人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。

そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。

突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった!

果たして想 像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!

新鮮で楽しい映画

私は3Dの映画を初めて観たので新鮮で楽しかったです。

吹き替えにして正解でした。

字幕だとたぶん視覚情報が多すぎて疲れます。

展開も分かりやすく、スカッとする映画でした。

途中、キューブリックのシャイニングが出てきたり、色んなキャラクターが出てきたり、知っている人はさらに楽しめると思いました。

散々バーチャルな世界を繰り広げておいて、最後にリアルな世界の素晴らしさを語っていたのは少し面白かった。

エンターテイメントでした。

f:id:kama5429:20180507140026j:image