単語帳覚えられないならバラバラに切っちゃおう|TOEFL対策

私は今TOEFLの勉強をしていますが、単語帳を買ったもののなかなかやる気が出ません。

なぜかと言うと、やっている途中で

  • まだこんなにある
  • 持ち運び重い
  • カバンから出すの怠い
  • やった感ない

と思ってしまうからです。

それが原因でやる気が出なくて単語を覚える機会が奪われていると思うと勿体無く感じました。

これ、重すぎだしやる気失せます…

その解決策として単語帳を切り刻んでやりました(ドヤァ)

なぜバラバラにするとやる気が出るの?

  • 量が少なくなる
  • 物質としての存在感を感じる
  • 紙という媒体から脳に情報を移行させるイメージが湧く
  • 切り刻むことによるストレス発散

量が少なくなると軽いし、今日やる所をやれば、圧倒的な量を感じることによる絶望感がなくなります。

さらに物質としての存在感を感じます。

そこに1センチ×5センチの面積があり、文字が印刷されている。

その文字は情報であるが、一つの物質として感じることによって、目の前にある現実として対峙することが出来る

そのことには結構意味があって、触ったり、実際に空間を切り取っている存在感が、身体を通して情報を取り込むことを助けてくれます。

 

覚えたものは消していこう。

達成感が生まれるし、だんだん覚える必要のある単語が減っていくのは快感だ。

さらに少なくなったら、小さい単語帳にまとめよう。

物質的に目に見えて量が減って行くということがやる気に繋がります。

 

めんどくさいけどやっつけなければいけない存在である単語帳を切り刻むことによってストレス発散になります。

ザマァ!と思いながらバラバラに切り取っちゃってください。

付属のCDを聴き流そう

ついでに、馴染みにのない単語をいきなり字面で覚えるのは少し苦痛ですが、CDで聴き流せば自然と頭に馴染みます。

ポイントは、ゆるく聴くことです。

10分間単語帳と睨めっこしながらガチガチに聴くより、30分間何かをしながら聞き流す方がしんどくないし、自然と頭に入ってきます。

 

楽しく勉強しよう☆

言語は日常生活そのものです。
勉強と思うよりも、生活の一部として取り込んで楽しみましょう。
ラジオなど聞き流すのもオススメです。