才能とは思い込みである

私はそう思っている。

 

しかし、本気で思い込める人はそうそういない。

 

途中で不安になって、自分には才能がないと思い始める。

 

ずっと結果が出なくても自分には才能があると思い込んで続けることが出来るのって、異常じゃないか?

 

ある意味キチガイだ。

 

その確信はどこからくるのだろう?

 

そもそも周りの評価を1ミリも気にかけてない

周りの評価を気にしていたら一瞬で才能がないと思い込んでしまうだろう。

 

世間はそうそう人の才能を認めたがらないし、嫉妬や僻みの対象となる。

 

才能があると思い込んでいる人は全く周りの意見を気にしていない。

 

自分がそう思うからそうなんだ!

 

レベルで物事を考えている。

 

ある意味ヤバい奴だ。

努力を努力と思ってない

努力って、義務教育で叩き込まれたが、いらやしい根性だ。

 

自分はこんなに頑張っていますよ

 

とか、うるせー!って思う。

 

自分がやりたいからやってるんじゃないからそういうアピールが必要なんだ。

 

本当にやりたかったら隠れてでもやる。

 

子供の頃ゲームしたくてこっそり布団の中でやってたみたいに。

 

思い込める人はそもそもやりたいことと、やりたくないことがはっきりしてる。

異常な集中力を持って続ける

これも頑張ってやってるわけじゃないと思う。

 

夢中になって気づいたらそうなってる。

 

才能があると思い込んでいるから、不安になることもないし、やることが当たり前になってる。

 

そして続ける。

 

継続は力なりは真実だ。

成果報酬を求めていない

モチベーションが成果報酬である場合、ほとんど続かない。

 

成果なんてすぐに出るものじゃないからだ。

 

自分のためにやってるから報酬なんて変な感じだ。

 

だからと言ってショボショボとやってるわけではない。

 

彼らは自分の成功を疑わない。

 

そう思い込んでいるからだ。

 

むしろ成功しないのはおかしいぐらいに考えているから、何としてでも現実を変えてしまう。

 

おそらく、このおかしいと思って何らかの行動を起こす部分が重要だ。

 

思い込んでるから成せる技だ。

 

 

あなたは自分には才能があると思い込むことが出来るだろうか?

ヒントになる本