【人生とは】生きてる意味がわからない人へ

「生きている意味がわからない」

これは誰もが一度は考えてしまう問題ではないだろうか。

私自身も、もう何度もそれを考えては答えを見つけられず、うつ状態になっていた。

それもそのはず、「生きている意味」について考え続けた哲学者、文学者でさえ、それを見つけることは出来なかったのだから。

名言集

「私はこの世に生れた以上何かしなければならん、といって何をして好いか少しも見当が付かない」(夏目漱石)

天才作家、芥川龍之介は、自殺直前の自伝的小説で、長男の誕生をこのように言っています。
「なんのためにこいつも生まれて来たのだろう?この娑婆苦の充ち満ちた世界へ」(芥川龍之介)

生まれて来てよかったと、ああ、いのちを、人間を、世の中を、よろこんでみとうございます。(中略)
僕は自分がなぜ生きていなければならないのか、それが全然わからないのです」(太宰治)

「人間は何の目的で生まれたのか。
また何か目的があって自然は人間を生まれるようにしたのか。
僕にはそれはわからない」(『人生論』武者小路実篤)

「人生に目的はあるのか。私は、ないと思う。
何十年も考えつづけてきた末に、そう思うようになった」
(『人生の目的』五木寛之)

「自分の生存の意義や目的を知ろうとしたって、
なんにも教えられはしません」(チェーホフ)


勝手に与えられて、勝手に奪われる

人生はいつも先のことがわからない。


こんな人と出会いたいから、この環境を選ぶっていう生き方はしたことがないし、実際友達になろうと思ってなった人はいない。

ただ勝手に近くにいて、そして気づいたら離れ離れになっている。

本当に人生は一期一会だと思うから、近くで笑い合える人がいる時はかけがえのない幸せを感じる。

神様からプレゼントを貰ってるような気持ちだ。


だけど一方で、圧倒的に孤独になる時もある。

それは自然に人が離れていく時期であって、どうにもこうにも誰にも出会えない状況だ。

そういう時は過去の友達とはどうにも一緒にいられない。

自然の流れに引き裂かれるような感覚だ。

そして強制的一人ぼっちの時期が長ければ2年ほど続く。

その間は自分と向き合ったり、本を読んだり、とにかく一人ぼっちになる。

本当に辛い時期だ。

自分はもう二度と笑えないのではないかとすら思う。

真っ暗で何も見えない、何も進まない、真空空間にいるような、苦しさがある。


だけどそれを超えると、ある日突然光が見えて物事がガチャガチャと騒がしく動き始める。

そして未知の世界が広がっていて、自由に走り回る。

そんな繰り返しがあるような気がする。

人生で選べるものなんてあるのだろうか


だから自分はとかく人生に対して受け身の姿勢を持っている。

自分が選べることなんてないと思う。

恵まれればありがたく受け取り、奪われればただそれを受け入れる。


これは信仰なのだろうか?

この、人生のリズムは自然のリズムなのだと思う。

だから自分が操られていると感じ、身を任せるのは自然の流れだ。

太陽を動かし、海を怒らせ、雨を降らせる者。

その気配をいつも感じる。

「悲しみは海と似ています。波のように寄せては返す。時にはとても平穏だけど、たまに激しくなってしまう。私たちにできることは、泳げるようになること」

この諺の通り、私たち人間にできることは、せいぜい泳ぎを覚えて泳ぎ続けることだけだと思う。

4 Comments

ドラゴン

泳ぎ方を覚えるか そうだな
身体中の水分を共鳴させる 好きな曲と

こっこ

そうですね(。-`ω´-)
音楽は救いであり、楽園。

まりん

私も何度も考えて考えるだけ無駄だなーと思うけど考えちゃうよ(*_*)笑
生きてるの疲れるよね〜(´-ω-`)

こっこ

わからんよな〜
考えちゃいけない地雷みたいなww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。